ショットなストーリー

一枚の写真から浮かぶショートストーリー

台風よどこへ

f:id:higeozira4242:20190928005201j:plain

台風一過

    台風が過ぎ去った。

  雲が動いた。

  小さく雲がちぎれた。

  でも、今はなだらかに空にただよっている。

  酔っているのではない、と思う。

  強風に追い付けなかったので、雲は少しだけ戸惑って空をさまよっているのだろう。

  

 秋を呼びたかったから、暑さにおびえる者を少しだけ涼やかにしたかったのだ。

と、台風は言いたいのかもしれない。

 でも、雲さえもおきざりにしてどうする。

と、地上の者は言いたい。

 でも、世界は、地上の都合だけではできていない。

と、台風は言うだろう。

 でも、少しは地上のことも気にして欲しい。

 と、僕は言いたいけど・・・

 何も言えない。

・・・

・・・

・・・ 

  そんなことを雲に托して言いたっかたけど。

 

 僕には、台風の怒りを少しだけ感じることができる。

   それが、どこに向かうのかは僕も知らない。

 

 

   ♪♪~世界が君の小さな肩に 乗っているのが

     僕にだけは見えて 泣き出しそうでいると

    「大丈夫?」ってさぁ 君が気付いてさ 聞くから

    「大丈夫だよ」って 僕は慌てて言うけど

     なんでそんなことを 言うんだよ  

     崩れそうなのは 君なのに

    ~

     取るに足らない 小さな僕の 有り余る今の

     大きな夢は 君の「大丈夫」になりたい

    「大丈夫」になりたい 

     君を大丈夫にしたいんじゃない

     君にとっての 「大丈夫」になりたい~♪♪

         (『天気の子』挿入歌「大丈夫」RADWIMPS )

 

 僕はこの壮大な歌の歌詞「君」を「台風」に置き換えて考えてみた。

 台風よどこへ行く。

 僕は、台風にとっての「大丈夫」になりたいと願った。

 すると突然、突風が吹き、僕の体は中空を舞って、地球の外に出た。

 台風が小さく渦を巻いて地表を旋回しているのが見える。

 台風は一生けん命に地上の水分と温度を調整しているのだった。